ニート脱出方法|ニート歴3年の経験者が語る現実的な方法

ニートを脱出する方法は、2つしかない。

  1. 企業で働く(形態は問わない)
  2. 自分で稼ぐ

この2つです。

そりゃそうだろと思うかもしれませんし、どっちもハードルが高いと思うかもしれません。ただ、ニート脱出の具体的な方法をお伝えするので、もう少しだけ付き合ってほしいです。

もしあなたが現在ニートで、何か特技や資格がなかったとしても、働くことは十分可能だと僕は考えています。

なんでそう言えるかというと、僕自身、3年ニートやった後に企業で働いて、正社員になって、社長に信頼されるくらいの実力とスキルを身につけることが出来たからです(そして現在は独立しています)。

とはいっても、やっぱりいまだに世間一般では、ニートに対する目は厳しいですよね。バカにしてくる奴らだっています。

なのでもしかしたらあなたも、今自分に自信が持てていないかもしれません。

ただ、企業で働くにせよ、自分で稼ぐにせよ、自分に自信を持つことが何よりも大事だと、僕は考えています。自信がないと、簡単に心が折れてしまうからですね。

でも大丈夫、自信を持てる方法もお伝えします。まずは自信を持つことが先決。そのあと企業で働くなり、自分で稼ぐなりの選択をすればOKです。

就職・転職アドバイザーの言うことなくて信じなくて良いですよ。彼らはニートの気持ちなんて分からないですからね。

ということで先に、ニート脱出のために「自信を持つ方法」についてお伝えしていきます。

1.ニート脱出方法その1|自分に自信を持つ

自分に自信を持つ方法は、以下の

  • ポジティブシンキングを心がける
  • ネガティブシミュレーションをする
  • 陰徳を積む
  • 言い訳をしない
  • 何か一つ得意分野を作る
  • 筋トレをする
  • すれ違う人の目を見る
  • 姿勢を正す
  • 絶対にあきらめない精神を持つ
  • 根拠のない自信を持つ
  • 愚痴や不満、批判を言わない
  • 感謝する
  • 自分との約束を守る

これらは全て、僕自身がやってきたことです。

ただ、一度にすべてをやるのは難しいとも思います。やりやすいものからやって構わないので、一つずつやってみてください。

1-1.ポジティブシンキングを心がける

当たり前すぎて申し訳ないくらいなのですが、ポジティブシンキングは本当に大事だと僕は考えています。なぜならネガティブ思考だと、自信なんて持てないからです。

ネガティブに考えてしまう気持ちはものすごくわかります。僕もニート時代は「早く死にてえ…」と毎日考えてました。でも、ネガティブに考えて、状況が良くなることは一度もなかったです。一度たりとも。

もちろんポジティブになったからと言って、状況がすぐに好転するわけではありません。でも、ネガティブに考えるよりも少なからずマシです。何より、ネガティブに考えてしまうと、自分自身が哀そうですよね。

それに、

  • ものすごく前向きのニート
  • ものすごく後ろ向きの普通の人

どちらかを採用しなければいけない、と言われたら僕は間違いなく前者を採用します。後ろ向きというのは、周囲にも悪影響を及ぼしてしまうからです。

最初は「ポジティブシンキングとかクソ」と思うかもしれません。が、少しずつでいいので、以下のように物事を前向きにとらえる訓練をしてみてください。

  • もうこれしかない → まだこんなにある
  • 失敗したもうダメだ → 〇〇をしたら~~というデータが得られた。次は別のことを試してみよう
  • 過去さんざんだった → あの過去は、〇〇(例:人の痛み)を知るためのものだったんだ

1-2.ネガティブシミュレーションをする

かといって楽観的になりすぎるのもダメです。なぜなら、トラブルが起きたときに無駄に焦ってしまうからです。

なので何かを行う場合は、必ず「考えられる最悪のシナリオ」を想定しておくことをおすすめします。

あ、それによってネガティブになる必要はないですよ。車の運転みたいなものですね。

「大丈夫大丈夫、自分は事故らないっしょ♪」

と考えるのではなくて、

「右から人が飛び込んでくるかもしれない」

と考える、ということです。

そのようなシナリオを考えられる人は安心できるものだし、周囲からの信頼も集めていくものです。そしてそれが自信につながっていきます。

1-3.陰徳を積む

あまり聞きなじみのない言葉かもしれませんが、要は、誰かに見られていなくても善いことをする、ということです。

僕は次の例を良く出すのですが、

  • 周りに誰もいない道にゴミが落ちていたら、無視をせずに拾う
  • そしてそのことを誰にも言わない

という感じです。

これ、出来る人中々いないと感じています。なぜなら、自分に得がないからです。

でも、自分に得がなくても誰かのために行動できる人って、素敵ですよね。そんな自分に自信が生まれます。

ただ、それを人に言ってしまうとただの自慢野郎になります。周囲からの評価も下がってしまうので、善い行いは自分の心の中にしまっておきましょう。これを陰徳を積む、と言います。

大丈夫、お天道様は見てくれているはずです。

1-4.言い訳をしない

言い訳をしないこと。これをするだけで責任感が生まれて、周囲から信頼されていきます。

ただ、言い訳したくなることって、いっぱいあると思います。僕もそうだったし、実際に言い訳をしてしまうことが何度も、いや何十回もありました。

「だって、そんなこと知らないし…」

みたいな。

でも、言い訳をして物事が良くなったことは、僕は一度も経験したことがありません。むしろ言い訳を飲み込んで「分かりました、次はこうならないように〇〇をします」と次に取るべき行動を言った方が、物事がスムーズに運ばれることが多かった。

感覚的な話になってしまいますが、言い訳をしないだけで「なんかあの人ってすごいよね…」と周囲から認められていくものです。

なので、言い訳をしないように意識してみて下さい。

1-5.何か一つ得意分野を作る

何か一つ得意分野を持っていると、それだけで自信が持てるようになるものです。

何でも良いんですよ。FPSのゲームがうまいとか、映画やアニメに詳しいとか、ある分野にめちゃめちゃ詳しいとか。

僕の場合は、ゲームのモンハンが好きでブログを作っていたんですよね。2012年ごろだったと思うのですが、そのブログが月間120万アクセスを達成しました。

ブログはライブドアブログで運営していたのですが、当時ライブドアブログのモンハンカテゴリの中で、1200位中1位のアクセスを誇っていました。

なので、この話を面接の自己PRとして「1200位中1位になりました」なんて話していたのですが、そこから話が盛り上がったものです。

なのでこれだけは負けない!というものを持っていると、自信を持ちやすくなります。

が、仮になかったとしても大丈夫なので、「得意なことなんてない…」とネガティブになる必要は全くないです。

1-6.筋トレをする

筋肉をつけるだけで、自分に自信を持てるようになります。これは僕自身経験しています。

もし自分の体に自信がないのなら、筋トレしてみて下さい。家で腹筋、背筋、腕立て、スクワットするだけでOKです。

これ、バカに出来ないです。ニートは時間がたっぷりあるので、そのうちの5分でいいから筋トレに時間を割いてみてください。

1-7.すれ違う人の目を見る

これは、人と目が合わせられない場合の対処法です。

外を出歩く場合は、すれ違う人の目を見つめましょう。どうせもう一生会わないだろうし、何と思われようと知ったこっちゃないです。

これ、最初はなかなか出来ないんですけど、続けるうちに目を見続けられる時間が増えていきます。そして気付いたら、人と目を合わせて会話できるようになっています。

目を合わせて話すだけで「自信がある人」という印象を相手に与えることが出来ます。

なので、すれ違う人の目を見つめていきましょう。

あ、怖い人やヤンキーみたいな人の目を見ると「あ?」とケンカになるかもしれないので、優しそうな人で試してみて下さい。

1-8.姿勢を正す

ライザップのダイエットのビフォーアフターって見たことありますか?

ビフォーのポーズがうなだれていて、猫背で、下向きになっているやつですね。

>ライザップ ビフォーアフター

あれ、わざとビフォーでは姿勢を悪くしています。で、アフターは良い姿勢で撮影しているんですね。

なんでかっていうと「自信がない自分 → 自信に満ちた自分」を演出するためなのですが、要は姿勢によっても印象が変わるということです。

なので胸を張って、背筋を伸ばして、あごを引いて、視線は少し上目にして…という風に、良い姿勢を日常生活から意識してみて下さい。

良い姿勢をすることで周りに「あの人自信あるね」という良い印象を与えることが出来ます。その結果、自分に自信があふれてくるわけですね。

1-9.愚痴や不満、批判を言わない

愚痴や不満、批判を言ったところで、状況が良くなることはないです。言いたくなる気持ちは分からなくはないですが、本当に何にもならない。

ポジティブシンキングにつながるのですが、

  • 愚痴ではなく、学んだことを言う
  • 不満や批判ではなく、改善点を言う

など意識してみて下さい。

これも周りからの評価の話に繋がりますが、愚痴や不満、批判が多い人は信用されません。裏で何を言うか分からないからですね。

でも前向きで、改善点を言ってくれる人は周りにとってもプラスですし、信頼されるものです。

そして自分にも自信があふれてくる…という良い循環を起こせます。なので、愚痴や不満、批判を言わないようにしてみて下さい。

1-10.誰かのために行動する

常に周りを観察して、困っている人を助けていきましょう。

誰かが物を落としたら「拾ってあげたほうが良いかな…」なんて考えずに、とにかく足を動かして行動する。拾って「落としましたよ」というだけです。

これも僕の実体験なのですが、落とし物を拾ってあげるようにしていたら「あれ、俺って人の役に立てるじゃん!」と思えるようになったんですね。

些細なことかもしれませんが、誰かのために行動することで、自分の自信につながると僕は考えています。

なので周りを見て、誰かのために行動できないか?意識してみて下さい。

1-11.絶対にあきらめない精神を持つ

ニート期間が長くなると「自分はダメだから…」と自己嫌悪に陥るんじゃないかなと思います。僕もそうでした。

が、自己嫌悪に陥って、ネガティブ思考がどんどんわいてくると、心が荒れていくものです。そんな状態になったら、自信を持てるはずがありません。

なのでせめて声に出すだけでも良いので「いや、絶対にあきらめない!」と言うことは大事だと、僕は感じています。

僕は過去、お金がなくてお先真っ暗で、布団の中で何度も「もうだめだ…死ぬしかない…」と考えていたのですが、そのたびに「いや、でも諦めたらだめだ!」と思ったものです。

自分を最終的に助けられるのは、自分だけです。その自分が諦めたら、自分が可哀そうです。

なので、諦めない精神を忘れないようにしてください。「諦めない」と心で思うだけであれば、誰だって物理的に可能なはずです。

1-12.根拠のない自信を持つ

と、ここまで自信を持つための方法をお伝えしましたが、それよりも有効なのが「根拠のない自信を持つ」ということです。

根拠は一切要らないので、

「私なら大丈夫」

「私ならできる」

「私なら絶対うまくいく」

と声に出してもいいし、心の中で思い続けるようにしてみてください。

人は肩書や持っている車、家や人脈など、そのようなものに自信を持ちがちです。が、それらがなくなると、途端に不安に感じてしまいます。

それは本当に「自信を持っている状態」とは言えません。裸になって何もなくなっても「それでも私なら大丈夫」と言えるのが、本当の自信だと僕は考えています。

自信を持つのに根拠なんかいらないんです。なので、私なら大丈夫だと、口ぐせのように言ってみて下さい。

最初は「いや、でも私なんて…」とネガティブ思考が襲ってくるかもしれません。でもそれにも負けず「いやいや、私なら大丈夫なんだ!」と思い続けるんです。

僕はこれをやり続けました。そしたら、自然と自信を持てるようになっていったんですよね。なのでおすすめです。

さて、自信を持てたらこっちのものです。ニートを脱出するため、企業で働くための行動を取っていきましょう。

あ、何もブラック企業に入れとか、生産性のないクソつまらない仕事をやれ、なんてことは言わないので安心してください。

2.ニート脱出方法その2|企業で働く

次に、企業で働く場合の

  • 企業の選び方
  • 面接時のポイント
  • 働くときのポイント

をお伝えします。

ニートはどうしても、そうじゃない人に比べて「下」に見られがちです。ただ、ポイントさえ抑えれば、採用してもらうことは十分可能です。

ということで、企業の選び方からお伝えしていきますね。

2-1.企業の選び方

僕個人的な経験から言わせてもらいますが、ニートを脱出するために働くのであれば、ベンチャー企業一択です。

なぜなら、ポテンシャル(やる気や情熱)採用を可としているところがあるからです。それに幅広い経験を積みやすく、成長しやすいと感じているからですね。

経営者の発想が柔軟な企業であれば、採用する人の過去の経歴や職歴などを重視するのではなくて、ポテンシャル(熱意ややる気)を重視しているところもあります(もちろん学歴重視のところもありますが)。

大手企業や有名どころだと、そもそも書類選考で落とされる可能性が高い。「面接に落ちる」という余計なストレスを無駄に溜めないためにも、最初からベンチャーに絞ったほうが良いです。

それにベンチャー企業は良い意味で、制度が整っていないこともある。なので決められた「ただの作業」以外にも、経験を積める機会があるんですよね。なので、ぐんぐん成長していくことが出来ます。

たとえば僕は3年ニートやった後に、ベンチャー企業のコピーライター募集に応募し、面接を突破して採用されました。ライターという名前なので、文章を書くだけだと思っていたんですね。

でも文章を書く以外にも、企画の立案やサプリメント開発、DVDの撮影の立ち合いや、タイアップ先とのミーティングなど、幅広い経験を積むことが出来ました。

当時は大変な思いもしましたが、今になっては全てが良い教訓となっています。

ただ、いきなり正社員登用は厳しいです。これは仕方がない。なので、アルバイトから正社員になれるような「正社員登用」をしているところがおすすめです。

また業種は、これも個人的な意見なってしまうんですけど、WEBマーケティング系の企業がおすすめです。なぜなら、WEBマーケティングに必須となる「コピーライティング」や「マーケティングの知識」は、どんな仕事にも応用することが出来るからです。

それこそ最初は「ライター」でも良いと思うので、

  • ベンチャー企業
  • WEBマーケティング
  • アルバイトから正社員登用

という条件で探してみると良いですね。あ、もしプログラミングが出来るなら、ベンチャー企業のエンジニアも良いと思います。

営業は向き不向きがあるし、事務仕事は将来AIに置き換えられる可能性があるのでおすすめしません。

2-2.面接時のポイント

面接時のポイントは、以下の3つです。

  • 勉強を前もってしておく
  • 堂々と話す
  • ニート経験を前向きに話す

面接に行く前に、あらかじめその企業の業界について調べたり(ニュースサイト調べるだけでもOK)、仕事に関係する勉強をしておくと良いですね。

先ほども言ったように僕はベンチャー企業のコピーライターの面接に行ったのですが、それまでにWEBマーケティングやコピーライティングの本や教材を買って勉強していました。

またブログを書いて、出来る範囲で実践していたんですね。その経験を面接のときに話すことが出来ました。

と、これくらいやると「おお、ちゃんと勉強しているんだな」と思ってもらいやすくなりますし、僕が面接官でもそう思います。

ぶっちゃけ採用活動にかかわっていた時に僕が感じたのは、不勉強な人が多い、ということです。会社の業務内容について理解していないし、業界や仕事内容についても分かっていない。

そんな人たちが、応募してくるんです。そりゃ、採用されないですよ。

なので、ちゃんと業界について調べて、本や教材で勉強しているだけでも、採用される可能性はグッと上がります。

業界の調べ方は簡単で、その業界が売っているものを買ってみればいいんですよ。サプリを売っている企業なら、サプリを買ってみる。他の企業のサプリも買ってみる。価格や成分を比べてみる。これ、立派なリサーチです。でも、そこまでする人はまあ、少ないでしょうね。

これだけでも「数少ない人」と目立つことが出来るので、やってみてください。

また、ニート経験を前向きに話すことも大事です。先ほども言ったように、後ろ向きな人はそれだけで採用される確率は下がります。僕だったら絶対に採用しない。

なので、ニート経験を申し訳なさそうに話すのではなくて、

  • 確かにニート経験で、自分の弱さやダメさを感じた
  • 親や友人たちにも迷惑をかけてしまった
  • でもだからこそ、人の痛みや失敗について深く考えることが出来た
  • これを教訓にして、前向きに取り組みます

みたいな教訓を得た話にしましょう。

失敗から何かを学び、それを次に活かせられる人は重宝されます。なんでかというと、仕事はトライアンドエラーの連続だからですね。

一発で成功できる能力も大事かもしれませんが、それ以上に失敗から学ぶ姿勢も大事です。

2-3.働くときのポイント

面接に合格したら、そこからが本番ですね。実際に働くときは、以下の3つのポイントをおさえておきましょう。

  • メモを必ず取る
  • 呼ばれたら「ハイ!」と元気に返事をする
  • あいさつは全員に聞こえるようにする

メモは必ず取りましょう。メモを取るだけで「まめな人」と思われますし、何より伝達ミスが減ります。

一番やっちゃいけないのが、あとになって「すみません、さっき言われたことを忘れてしまったので、もう一度教えてもらえませんか?」ということです。相手の時間を奪ってしまうだけ。

なので、必ずメモを取るようにしましょう。メモを取ったうえで、それでも業務を進めるうえで分からないことが出てきたら、

「〇〇をやってみたんですけど、~~という結果になりました。自分では□□したらよいと考えているんですけど、どのようにしたらよいか教えて頂けませんか?」

と聞けばOKです。

また、名前を呼ばれたら「ハイ!」と元気に声を出したり、出勤時や退勤時に「おはようございます!」「お疲れさまでした!」と、みんなに聞こえるように声を出すことも大事です。

それだけで「明るく前向きな人」という印象を与えられるし、周りからの印象も良くなっていくものです。

以上、企業で働いてニートを脱出する方法についてお伝えしました。

が、やっぱり怖いな…と感じる場合は、次にお伝えする「自分で稼ぐ」ということに挑戦してみてもらえればなと。

3.ニート脱出方法その3|自分で稼ぐ

ニートのメリットは、時間が有り余っていることです。なのでその時間を使って「自分で稼ぐ」ということに挑戦するのも悪くないですね。

僕も時間が有り余っていたので、企業で働く前に自分で稼ぐことに挑戦しました。

ただ、いきなりがっつりビジネスとしてやるのは難しいです。なのでまずは「自分でお金を稼ぐ経験を積むこと」を目的としてやるのがおすすめです。

別に大きく稼げなくたっていいんですよ。ここで大事なのは稼ぐ金額じゃないです。稼ぐための行動を取るという経験、それ自体が重要です。

稼げるなら続ければいいし、稼げなくてもその経験をPRにして、企業の面接を受ければいいだけですから。

で、個人でも取り組みやすいものとしては、以下の2つが挙げられます。

  • 不用品をメルカリで売る
  • ブログを書く

メルカリを使って、着ていない服とか、もうプレイしないゲームとか、読まなくなった本とか、要らなくなった家具とか、何でも良いんで売りましょう。

これをやるだけで「不用品を転売して収入を得ていました」と言うことができます。立派な経験を積めましたね。

また、ブログを書いてもいいですね。ブログの書き方はネットで調べれば、有料級の情報があふれています。

不用品を売った経験を、ブログに書いてもいいと思います。もしかしたら、これから「不用品売ってみたいな~」という人の参考になるかもしれません。

あなたの経験が、誰かの役に立つわけです。これも、立派な「価値提供」の経験ですね。で、ブログにアクセスが集まってきたら、広告を貼って収益化を目指しても良いと思います。

ただまあ、がっつりやろうとすると難しいですから「自分の記録を残す」という感覚でブログをやってもらえればなと。で、ブログが楽しくなってきてから、本格的にやればいいわけですし。

その場合は、以下の記事を参考にしてみて下さい。

>ブログの7つの稼ぎ方【初心者向けから月1000万円の方法まで】

番外編:治験もおすすめ

これはお金を稼ぐとは言えませんが、お金を入手するという意味で「治験」はおすすめですね。僕も何回も行ってました。

薬飲んで採血して、ということに抵抗がなければ、割と楽に10万円以上手に入れることが出来ます。病院に長期滞在することになりますが、本やスマホゲーなどで時間はつぶせますから。僕個人的には、本や教材を持って行って勉強するのがおすすめです。

もし抵抗がなければ、治験はおすすめです。で、そのお金で勉強したり、面接用のスーツを買っても良いですね。

ニートを脱出したいあなたへ

以上、僕の経験を踏まえたニート脱出方法をお伝えしました。

僕はニート時代、働きたくないわけじゃないけど、働きたくなかったんですよね。でもこの気持ちを理解してくれる人はいませんでした。

なのでもしあなたが今悩んでいるのなら、少しでも役に立てれば…と思ってこの記事を書きました。

ニート状態が続くのも不安だし、脱出するのにも勇気がいると思います。でも僕自身、一歩踏み出して良かったと心から感じています。

最後に伝えたいのは、人は環境によって変わるということです。

僕自身、コミュ障で、対人恐怖症で、何のとりえもありませんでした。が、企業に入って働き、売上を上げ、社長に信頼されるくらいのポジションになることが出来ました。

人の長所や才能というのは、場所によって埋もれたりするし、発揮されたりもすると言われますが、僕自身そうだと感じています。

なので、もしあなたが今までの人生に不満を感じていたとしても、環境を変えたら人生が変わるかもしれません。その可能性があることは、否定できないはずです。

まずは出来る範囲で良いので、この記事でお伝えしたニート脱出方法を試してもらえればなと思います。

僕は味方します。

以上、お読みいただきありがとうございました。